卓球・吉村真晴 5月に男児誕生 超低出生体重児「本日無事に退院 やっと一緒に暮らせます」

[ 2021年11月28日 22:45 ]

卓球Tリーグ男子   琉球―東京 ( 2021年10月17日    福岡・久留米スポーツセンター )

吉村真晴
Photo By スポニチ

 2016年リオデジャネイロ五輪・卓球男子団体銀メダリストの吉村真晴(28)が28日夜、自身のツイッターを更新。今年5月に男児が誕生したことを報告した。

 「ご報告です。実は5月26日に息子が産まれました。超低出生体重児ということもあり、発表が遅れましたが、本日無事に退院いたしました約6カ月間、本当に頑張ってくれました。息子はもちろん、妻、娘にも感謝です。やっと一緒に暮らせます。幸せです。父も負けてられない。頑張ります」

 自身は10月31日、テレビ朝日のバラエティー番組「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」(来年正月放送予定)の収録中、肋骨を折る全治8週間のケガを負った。

 Tリーグ「琉球アスティーダ」のキャプテン。昨季もシングルス14勝4敗の成績を残し、チームのリーグ初優勝に貢献した大黒柱。12月にはTリーグ後半戦が始まり、来年1月には全日本選手権に出場予定。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月28日のニュース