【全日本実業団対抗女子駅伝】ヤマダホールディングスが6位入賞!一時はトップ快走、最後は粘りの走り披露

[ 2021年11月28日 17:17 ]

全日本実業団対抗女子駅伝 ( 2021年11月28日    宮城県松島町文化観光交流館前―弘進ゴムアスリートパーク仙台、6区間42・195キロ )

<第41回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会>第2中継所。2区の清水(左から3人目)からたすきを受け取り、走り出すヤマダ・筒井(同5人目)=撮影・河野 光希
Photo By スポニチ

 全日本実業団対抗女子駅伝(スポニチ後援)は28日、宮城県松島町文化観光交流館前―弘進ゴムアスリートパーク仙台の6区間、42・195キロで行われ、ヤマダホールディングスが6位入賞を果たした。積水化学が2時間13分03秒の大会新で初優勝した。2位は資生堂、3位にはデンソーが入った。

 ヤマダホールディングスは、1区(7・6キロ)で岡本春美(23)が区間賞の走りを見せてトップ発進。2区(3・3キロ)の清水真帆(26)が区間新(区間3位)の走りで首位をキープした。3区(10・9キロ)の筒井咲帆(25)は3位に落ちたものの区間3位と好走。4区(3・6キロ)の柴田彩花(20)は区間20位で5位、5区(10・0キロ)の石井寿美(26)は区間10位で6位と粘り、最終6区(6・795キロ)の荻野実夕(21)が区間16位で6位の順位をキープしてゴールした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「内村航平」特集記事

2021年11月28日のニュース