×

羽生「誰よりも早く4回転半を公式で奇麗に決める人間になりたい」

[ 2021年3月28日 05:30 ]

フィギュアスケート世界選手権最終日 ( 2021年3月27日    スウェーデン・ストックホルム )

表彰式で並ぶ(左から)2位の鍵山優真、優勝のネーサン・チェン、3位の羽生結弦(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 男子フリーが行われ、14年ソチ、18年平昌五輪連覇の羽生結弦(26=ANA)はジャンプでミスが相次ぎ、182.20点にとどまり、合計289.18点で3位だった。

 【羽生に聞く】

 ――五輪前年の世界選手権となった。
 「ソチ五輪の時は前のシーズンで4位。平昌五輪の時はその前の世界選手権で優勝して行った。なので、今シーズンの世界選手権で優勝した彼(チェン)に幸運があることをとてもとても祈っている。僕自身も、五輪に関しては考えることはあります。良い思い出も悪い思い出も。良かったところも、悪かったところもたくさんあります。でも、それがあったからこそ、今成長してきたと思っている」

 ――北京五輪に向けて4回転ジャンプはどうなっていくか?
 「僕たちがこれから何本必要かは今言うことは難しい。僕は4回転半を跳びたいと思っている。いろんな技術だったり、トレーニングの方法だとかいろんなものが進むにつれて、難しいことにチャレンジしていくことは大切。僕たちはアスリートなので、チャレンジしていくことがとても楽しい気持ちがあると思う」

 ――大会後、何をしたい?
 「まずはしっかり休むっていうことも考えてはいますが、早く4回転半の練習をして、誰よりも早く4回転半を公式で奇麗に決める人間になりたいです」

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月28日のニュース