×

高安 翔猿に「首ひねり」で苦杯 優勝争いトップからついに陥落

[ 2021年3月28日 05:30 ]

大相撲春場所14日目 ( 2021年3月27日    東京・両国国技館 )

翔猿(左)に首捻りで敗れた高安(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 一時は後続に2差をつけながら終盤に1勝3敗と失速。ついに優勝争いのトップから陥落した高安は取組後も取材に応じなかった。

 小兵でくせ者の翔猿には前回の対戦で蹴返しで敗れた。優勝争いの重圧と前回の敗戦が脳裏をよぎったか、動きが鈍い。何とか捕まえて得意の左を差し右上手も取って万全かと思いきや、攻めあぐねた。相手が足を飛ばしたところを前に出たが、土俵際で「首ひねり」を食らい、もつれながら土俵下へ転落。物言いがついたが、相手に上がった軍配は変わらなかった。

 痛すぎる敗戦だが初優勝が消えたわけではない。八角理事長も「頑張ればチャンスはある。力を出し切ることを考えた方がいい」とアドバイスした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月28日のニュース