×

松山、敗退決定も…意地の1勝 デルテクノロジーズ・マッチプレー

[ 2021年3月28日 05:30 ]

松山英樹
Photo By スポニチ

 男子ゴルフ世界選手権シリーズのデルテクノロジーズ・マッチプレーは26日、米テキサス州のオースティンCCで1次リーグ最終戦が行われ、既に2連敗で敗退が決まっていた松山英樹(29=LEXUS)は、パトリック・カントレー(29=米国)を4アンド2で破り、1勝2敗で終えた。

 64選手が4人ずつの16組に分かれた1次リーグはジョン・ラーム(26=スペイン)、ジョーダン・スピース(27=米国)ら各組1位が決勝トーナメントに進んだ。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年3月28日のニュース