全国高校駅伝女子 立命館宇治連覇へ万全「故障者なくこれた」

[ 2013年12月22日 05:30 ]

第25回全国高校駅伝

(12月22日 京都・西京極陸上競技場発着)
 女子では前回覇者・立命館宇治(京都)が連覇を目指す。昨年、アンカーで豊川(愛知)を逆転して劇的な優勝。昨年の都大路を経験して今年アンカーを務める岩井朝香は「目標は日本一。1位でゴールテープを切る」と力強い。

 荻野監督は「ここまで故障者なくこれた。長く指導して、こういうことは本当に珍しい」と順調な調整をうかがわせた。雪辱を期す豊川の森監督は「去年負けたことで、今年こそという気持ち。連敗はしたくない」と2年ぶりの優勝に闘志を燃やした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース