遼 連覇へ「今は自信ある」 唯一黒星も前半4バーディー奮闘

[ 2013年12月22日 05:30 ]

13番でパットを外し悔しがる石川

男子ゴルフ ロイヤル・トロフィー第2日

(12月21日 中国・広州 九竜湖GC=6968ヤード、パー72)
 2人一組でホールごとにいい方のスコアを採用するフォアボールで争われ、石川遼(22=CASIO)は、藤田寛之(44=葛城GC)と組んで、トービヨン・オルセン(24=デンマーク)、ベルント・ビースベルガー(28=オーストリア)組と対戦。石川は2ホールを奪って奮闘したが、中盤から相手の逆襲に遭い2&1で逆転負けした。アジア代表は1勝1敗2分けで、通算得点では5―3とリードを保った。22日の最終日はシングルスのマッチプレーを行う。

 敗戦を告げるような金属音が鳴り響いた。1ダウンで迎えた15番。石川がラフから打った2打目は前方のテレビ塔に直撃。「カキーン」という音とともに、後方のフェアウエーへはね返された。相手がバーディーチャンスに付けていたため、ボールを拾い上げ、このホールを藤田に託したが、ボギーで2ダウン。その後も盛り返せず17番で力尽き、アジア代表唯一の黒星を喫した。石川は「リードしたり、されたりの中で最後に追いつけず残念」と肩を落とした。

 前半はチームをけん引した。1番こそ第1打をミスしたが「2番から完璧だった」。このホールで相手バーディーの後にバーディーを奪い返すと、3番は7メートルを沈めてこん身のガッツポーズ。オールスクエア(同点)に戻した。4番は藤田の活躍で1アップ。5番は先にバーディーを奪われたが、直後に2メートルを決めて応戦。8番ではこの日4つめのバーディーを奪うなど孤軍奮闘し1アップで前半を折り返した。

 「勝ち負けは相手次第でも決まる」と話すように後半は欧州組の逆襲を食らった。この日が誕生日だったオルセンに14、15番で連続バーディーを奪われ逆転を許した。さらに藤田は前夜から風邪をこじらせ「喉が痛くて常備薬を大量に飲んで鎮痛剤も飲んだ」という。相棒が本調子でなかったことも結果に表れた。

 最終日はシングルスでのマッチプレー。自身も尻上がりに調子を上げているが、欧州勢も目を覚ましつつある。それでも強気に「誰とやっても今は自信がある」ときっぱり。アジア代表を初の連覇に導き今年を締めくくる。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース