森下王座守る「稲葉先輩に初めて勝てた」

[ 2013年12月22日 05:30 ]

男子フリースタイル55キロ級決勝で2連覇を達成し、雄叫びを上げる森下

レスリング全日本選手権

(12月21日 東京・代々木第2体育館)
 <男子フリースタイル55キロ>21歳の森下が王座を守った。茨城・霞ケ浦高の先輩で28歳の稲葉を下し「稲葉先輩に初めて勝てた。ちゃんと優勝できたという気持ち」と喜びに浸った。

 3年後のリオ五輪に向けた階級変更でフリーは57キロ級が最軽量級になる。同じく消滅する60キロ級の選手の参戦が予想され、最軽量級で3大会続けてメダルを確保した日本に逆風といえる。それでも勢いに乗る森下は「57キロ級の体をつくり、世界選手権で優勝したい。そして五輪でも成績を残す」と訴えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース