久々の高得点に笑顔 鈴木明子「やりきった」

[ 2013年12月22日 20:07 ]

女子SPの演技を終え、笑顔の鈴木明子

フィギュアスケート全日本選手権女子SP

(12月22日 さいたまスーパーアリーナ)
 70点を超える高得点で2位につけた鈴木は「やりきった。久々に点数も高かった」と笑顔を浮かべ、村上と抱き合って喜んだ。

 3位だった11月のNHK杯後にスケート靴を替えた影響からか、ジャンプで不調に陥ったが、きっちり立て直してきた。最初の2連続3回転の二つ目が回転不足となった以外はミスがなく、感情を込めた滑りで表現力を示す演技点は浅田に次いで高かった。

 昨年はSPで首位に立ちながら、フリーで崩れて4位に終わった。同じ失敗を繰り返すわけにはいかない。「気持ちを切り替え、やってきたことを出したい」と最終日に目を向けた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース