興譲館 出遅れ響いた それでも10年連続3位以内

[ 2013年12月22日 13:44 ]

女子第25回全国高校駅伝

(12月22日 京都市、西京極陸上競技場)
 豊川と2強と目された興譲館(岡山)は1区13位の出遅れが響いた。

 アンカー奥野は「1位の選手がゴールテープを切るのを見て悔しい気持ちになった」と大粒の涙で振り返った。

 一方で2区以降は巻き返し、底力を見せた。10年連続で3位以内を死守し、森政監督は「(出遅れた)展開からは100点のレース」と評価した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース