どうなるソチ代表 羽生確実!町田2位なら3枠目は高橋と小塚の争い

[ 2013年12月22日 14:10 ]

男子SPで首位に立った羽生。ソチ五輪代表はほぼ確実

 ソチ五輪最終予選会を兼ねたフィギュアスケートの全日本選手権第2日は22日、さいたまスーパーアリーナで男子フリーなどが行われる。前日21日の男子ショートプログラム(SP)では、GPファイナルの覇者・羽生結弦(19=ANA)が首位に立った。男子フリーを前に代表争いを占った。

 ソチ五輪の代表枠は男女ともに3で、全日本選手権の優勝者は代表に決定。2人目はGPファイナル日本人最上位メダリストと全日本の2、3位の選手の中から選考する。仮に羽は優勝を逃したとしてもGPファイナル優勝の実績があり、SPでの得点差を考慮すると、よほどのことがない限り4位以下に沈む可能性はなく、代表入りは確実と言える。

 3人目は、2人目の選考から漏れた選手と、世界ランク日本人上位3人、国際大会のベストスコア日本人上位3人の中から代表を選考する。

 高橋大輔(27=関大大学院)はNHK杯でマークした268.31点が羽生に次ぐ今季日本人2位、世界ランクも羽生に次いで日本人2番手につけており、表彰台に上がれば代表入りは有力だ。

 SP2位の町田樹(23=関大)は世界ランク、国際大会のベストスコアともに日本人3番手で、羽生優勝なら2位をキープできれば、代表入りはほぼ確定。その場合、小塚崇彦(24=トヨタ自動車)が高橋と3枠目を争うことになる。3位小塚、4位高橋のままなら、高橋がやや有利か。ただ、小塚が2位以上でフィニッシュした場合、高橋は4位以下だと落選の可能性が高くなりそうだ。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月22日のニュース