平野、2回ともミス ロースコアにも淡々「悔しさはそんなにない」

[ 2013年12月22日 16:33 ]

スノーボードW杯ハーフパイプ第3戦

(12月21日 米コロラド州コッパーマウンテン)
 ホープ、平野は2回ともミスが出た。60点台のロースコアに「決められなかったのが結果に出た。悔しさはそんなにない」と淡々と結果を受け入れた。

 雪の影響もあってスピードに乗れず、持ち味のきれいな着地にも狂いが生じたという。1回目は回転が不足して尻もちをつき、2回目は着地で大きく板が横滑りするなど、本来の力を発揮できなかった。

 公式練習では高さを保って滑りきったように状態はまずまず。今回の遠征を通じて「徐々に良くなってきている」と成長も実感している。「成績を残したい」と次戦での雪辱を期した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース