立命大、関西王者の意地 明大破り「新しい伝統になる」

[ 2013年12月22日 18:02 ]

ラグビー全国大学選手権第6日 立命大12―10明大

(12月22日 花園)
 関西王者の立命大が意地の一勝を挙げた。密集などで優位に立ち、関東の伝統校、明大を破った。主将のフッカー庭井は「立命大が進歩していることを証明できた。相手の強みを消せた」と充実感に浸った。

 2連敗し、試合前には準決勝進出の可能性が消滅したが、最後に持ち味を発揮。全国大学選手権の舞台で初めて明大に挑戦して勝利を収め、中林監督は「新しい伝統になる」と興奮を隠さなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース