コービー再離脱のレイカーズ連勝 ゼイビアー・ヘンリーが危機救う

[ 2013年12月22日 05:30 ]

<ティンバーウルブス・レイカーズ>ティンバーウルブスのJ.J.バレア(右)と競り合うレイカーズのゼイビアー・ヘンリー

 大黒柱のコービー・ブライアント(35)が左膝負傷で再離脱するなどガードに負傷者が続出しているNBAのレイカーズは、ホームでTウルブスを104―91で下して2連勝。

 シューティングガードのゼイビアー・ヘンリー(22)がポイントガード役を務め、21得点4アシストの活躍でチームの危機を救った。またファイナル3連覇を狙うヒートは今季最多の122得点を挙げてキングスに大勝し、連勝を4に伸ばした。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース