小塚、何とか3位をキープ「人生で大きなポイントになる」

[ 2013年12月22日 23:45 ]

表彰式でメダルを手にする3位小塚崇彦

フィギュアスケートの全日本選手権第2日・男子フリー

(12月22日 さいたまスーパーアリーナ)
 2大会連続の五輪代表を狙う小塚は冒頭の4回転ジャンプの着氷が乱れ、後半の3回転ルッツで転倒した。それでもSPからの3位をキープし「転倒は残念だが、何とか踏ん張れた。ジャンプのミスはあったが、自分の演技ができた」と充実した表情を見せた。

 昨季から右足甲の痛みを引きずり、引退が頭をよぎったこともあった。苦難を乗り越えて激戦の全日本を戦い抜き「これだけの仲間と滑れた経験は大きい。表彰台に残れたことは人生で大きなポイントになる」とうなずいた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月22日のニュース