男子代表選考争いは?高橋4位以下なら大混戦に

[ 2013年12月22日 05:30 ]

SPで首位に立った羽生

フィギュアスケート 全日本選手権第1日・男子SP

(12月21日 さいたまスーパーアリーナ)
 ソチ五輪の代表枠は男女ともに3。選考基準は(1)全日本選手権の優勝者は代表に決定。(2)2人目はGPファイナル日本人最上位メダリスト(男子=羽生、女子=浅田)と全日本の2、3位選手の中から選考。(3)2人目の選考から漏れた選手と、世界ランク日本人上位3人(男子=羽生、高橋、町田、女子=浅田、鈴木、村上)、国際大会のベストスコア日本人上位3人(男子=羽生、高橋、町田、女子=浅田、鈴木、宮原)の中から3人目の代表を選考する。

 男子は羽生がGPファイナルを制し大きくリード。アクシデントがない限り、代表入りは確実だろう。高橋がNHK杯でマークした268.31点は羽生に次ぐ今季日本人2位、世界ランクも羽生に次いで日本人2番手。表彰台に上がれば代表入りは有力だが、4位以下になると微妙だ。町田がSP2位、小塚が3位発進。フリーを終えてこの順位のままなら町田が代表入りし、小塚と高橋の3枠目争いは高橋がやや有利か。ただ、小塚が2位、3位・町田、4位・高橋でフィニッシュした場合、高橋が落選する可能性が高い。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月22日のニュース