吉田氏の7人制ラグビーチーム トライアウトに43人

[ 2013年12月22日 19:39 ]

 ラグビーの元日本代表WTBで、昨季まで明大監督を務めた吉田義人氏が7人制男子チームを発足させるための第1回トライアウトが22日、東京都内で行われ、プロ野球オリックスを戦力外となった梶本勇介ら、競技の枠を超えて43人が参加した。

 7人制で重視されるスピードや俊敏性を重視し、50メートル走や垂直跳びなどが行われた。2016年リオデジャネイロ五輪、20年東京五輪に向けた選手育成を目指すチームは30人ほどでスタートする予定で、来年2月にもトライアウトを実施する。吉田氏は「五輪のメダルを狙う日本代表にたくさん選手を送り込みたい」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年12月22日のニュース