豊川、2年ぶり4回目の優勝!歴代2位タイの好タイム

[ 2013年12月22日 11:27 ]

<全国高校駅伝>「V4」と「豊川稲荷」を現わす指のポーズでゴールテープを切る豊川・鷲見

 女子第25回全国高校駅伝は22日、京都市の西京極陸上競技場を発着点とする5区間21・0975キロで47都道府県に加え、記念大会に当たる女子は各地区の代表11校を加えた58校で行われ、豊川(愛知)が2年ぶり4回目の優勝を果たした。2位に興譲館(岡山)、最終5区で激戦となった3位争いは、須磨学園(兵庫)が入った。昨年優勝の立命館宇治(京都)は4位だった。

 優勝した豊川のタイムは1時間6分54秒で、全国大会歴代2位のタイの好タイム。8年ぶりに1時間6分台の記録となった。4度目の優勝は大会最多。

 興譲館は10年連続3位以内の好成績をキープした。

 1区3位、2区2位と着実に順位を上げていった豊川は3区で須磨学園を抜いてトップに立つと、4区も安定した走りでキープし、アンカーの鷲見梓沙(2年)がゴールテープを切った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース