藤村と鶴巻が2階級制覇

[ 2013年12月22日 20:46 ]

レスリング全日本選手権第2日

(12月22日 東京・代々木第二体育館)
 男子グレコローマンスタイルで2人が2階級制覇を達成した。

 74キロ級を制したのは66キロ級ロンドン五輪代表の藤村。昨年覇者やことしの世界選手権代表を次々と倒して通算3度目の頂点にたどり着き「減量が楽になって、おなかに力が入った」とおどけた。

 74キロ級で4度優勝の実績を誇る29歳の鶴巻も、厳しい減量から解放された。84キロ級の3試合で1ポイントも失わず日本一に。来年の階級変更で新たにできる85キロ級で戦っていく意向で、「今でもパワーの差を感じているのに。もっと体力を付けないと」と浮かれず語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年12月22日のニュース