美里 ともに一本勝ちで準決勝進出!悲願金へ前進

[ 2016年8月8日 05:30 ]

女子52キロ級準々決勝 ロシア選手(下)を破った中村美里

リオデジャネイロ五輪柔道女子52キロ級

(8月7日 カリオカアリーナ)
 3度目の五輪出場となった中村美里(三井住友海上)は初戦となる2回戦でモンゴル選手に2分19秒、横四方固めで一本勝ち。準々決勝では14年世界選手権銅メダルのクジュティナ(ロシア)と死闘を展開したが、延長3分30秒すぎに抑え込みで一本を奪い、準決勝進出を決めた。

 08年北京では平成生まれ初の五輪メダリスト(銅)と騒がれた天才少女も、27歳。12年ロンドンではまさかの初戦敗退を喫し、左膝前十字じん帯再建手術で長期休養も経験した。悲願の金メダルへ、着実に近づいた。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース