萩野 2位で200自由形も決勝進出 2個目メダルへ「得意な形に…」

[ 2016年8月8日 10:40 ]

男子200メートル自由形で2冠目を狙う萩野

リオデジャネイロ五輪競泳

(8月7日)
 男子200メートル自由形準決勝で、400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介(21=東洋大)が1分45秒45で2組の2位に入り、全体の2位で決勝に進出した。

 萩野は「予選よりタイムを上げる余力があった」と積極的なレース運び。金メダル有力候補のロンドン五輪自由形2種目金メダルの孫楊(スン・ヤン=22、中国)に次ぐ記録での決勝進出を果たした。「スン選手は強い。僕はどこ狙っていくか(平井)先生と相談して、僕の得意な形に持ち込みたい」と2個目のメダル獲得を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース