母校で「萩野コール」130人大興奮 在籍中の東洋大でもPV

[ 2016年8月8日 05:30 ]

母校で開かれたパブリックビューイングで萩野に声援を送る水泳部員ら

萩野公介リオ五輪日本人金メダル第1号

 「萩野コール」が鳴りやまなかった。萩野の母校・作新学院高(宇都宮市)は、競泳女子400メートル個人メドレー決勝に出場した清水咲子(24)も卒業しており、両選手を応援しようと、恩師や水泳部員ら約130人が集まりテレビ観戦。会場では、萩野の金メダルが決まった瞬間、水泳部員らが、興奮のあまり立ち上がった。

 水泳部3年の大塚康生さん(18)は「うれしいを超えて、とにかく感動した」。担任だった柏渕浩史教諭(40)は「ドキドキが止まらない。おめでとう、お疲れさまと言ってあげたい」とねぎらった。在学する東洋大白山キャンパス(東京都文京区)でもパブリックビューイングが行われ、水泳部員らが声をからした。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース