15歳・酒井 ホロ苦デビュー「緊張に全部押しつぶされた」

[ 2016年8月8日 05:30 ]

女子100メートル背泳ぎ予選 レースを終えた酒井夏海

リオデジャネイロ五輪競泳・女子100メートル背泳ぎ

(8月7日)
 女子100メートル背泳ぎで今大会の競泳日本最年少15歳で中学3年の酒井夏海(スウィン南越谷)は1分1秒74の全体26位で予選落ちした。

 地元選手と同じ最終組で、スタート前には大歓声が響き渡った。スタートこそ悪くなかったが、スピードに乗れずに50メートルを最下位で折り返した。その後も伸ばせず同組7位。自己ベストを1秒62下回るタイムで初の五輪のレースはホロ苦デビュー。「緊張に全部押しつぶされた」と試合後は号泣した。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース