成松 辛勝発進!2回戦で第8シードのバルデラスと激突へ

[ 2016年8月8日 05:30 ]

男子ライト級1回戦、ベネズエラのカブレラ(左)を攻める成松大介

リオ五輪男子ボクシング・ライト級

(8月7日)
 男子ライト級の成松大介(自衛隊)が6日、カブレラ(ベネズエラ)との1回戦に競り勝った。

 初戦の緊張やトラブルを乗り越え「判定で(勝敗が聞き取れず)分からなかった。安心した」と胸をなで下ろした。26歳で初めて臨む五輪では、4月の熊本地震で被害を受けた故郷を思う。「地元の小学校では大画面で応援してくれていると聞いた。絶対負けないぞと強く思う」。9日の2回戦で第8シードのバルデラス(米国)に挑む。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース