平昌五輪

 男子ショートプログラム(SP)で、五輪2連覇の羽生結弦(23=ANA)が97・74点をマークし、今季初戦を首位発進した。2月の平昌五輪以来となる右足首故障からの復帰戦で、スピンでミスが出たが、サルコー、トーループの2種類の4回転ジャンプを決める上々の滑り出しとなった。女子フリーではSP4位の樋…

記事全文
Webtools & Bookmarks

ニュース

スポニチwikiランキング

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      2020年東京五輪

      2018年平昌五輪