星 自己新連発!決勝逃すも本命200Mへ「凄く自信が持てた」

[ 2016年8月8日 05:30 ]

競泳・女子100Mバタフライ準決勝敗退した星

リオデジャネイロ五輪競泳・女子100メートルバタフライ

(8月6日)
 星は女子100メートルバタフライ予選で58秒15の自己ベストを出し、準決勝でさらに0秒12更新した。決勝進出は逃したが、金メダルを狙う本命種目の200メートルに向け「凄く自信が持てた」と課題のスピード強化への手応えを口にした。

 男子400メートル個人メドレーで金メダルを獲得した萩野と同じく平井コーチに指導を受けている。練習仲間の後輩の快挙達成に「長い遠征でずっと一緒だったので特別な気持ち。自分もやれるという気持ちになれたので、感謝したい」と話した。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース