女子団体準々決勝進出「チームワークの良さが武器」

[ 2016年8月8日 05:30 ]

女子団体1回戦 ウクライナに勝利し声援に応える(左から)川中香緒里、永峰沙織、林勇気

リオデジャネイロ五輪第2日

(8月6日)
 アーチェリーの女子団体戦1回戦が7日にサンボドロモであり、日本はウクライナに6―2で勝利し準々決勝に進んだ。

 メンバー3人の中で前回の銅メダルを唯一経験している川中香緒里(25=ミキハウス)が存在感を発揮。8射中、3度10点を射抜いて林、永峰を引っ張った。

 「いつも通りのプレーを心がけました」。優しい口調のエースの特技は裁縫。鳥取の実家を離れ、近大の寮に入る時に“マイミシン”を持参したほどだ。今大会で付けている真っ白な胸当ても自分で縫い付けた。永峰の分も作り、初舞台を踏む後輩のサポートを買って出た。「チームワークの良さが武器」の3人娘が8強で最強チームの韓国に挑む。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース