小池都知事 重量挙げ三宅の銅メダル喜ぶ「とてもハッピー」

[ 2016年8月8日 05:30 ]

 重量挙げ女子48キロ級で三宅宏実が銅メダルを獲得したことを受け、日本ウエイトリフティング協会の会長も務める東京都の小池百合子知事は7日、都内で報道陣の取材に応じ「とてもハッピー。やった」と喜んだ。フジテレビの報道番組に出演後、同局内でテレビ観戦。「ロンドン(五輪)に続いてのメダル。腰を痛めたり、満身創痍(そうい)だったりしたが、成果が出てうれしい」と称え、三宅の父で監督の義行氏に電話をかけて「喜んでいることを伝えた」と話した。

 その後、東京・上野で東日本大震災の被災地をたすきでつなぐ「未来(あした)への道 1000km縦断リレー2016」のゴール式典に出席。21日の閉会式で次期開催都市のトップとして五輪旗を引き継ぐ大役を担うため「今のうちに腕を鍛えておきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「ロッチ・中岡創一のホッケー講座」特集記事

「カトパン突撃」特集記事

2016年8月8日のニュース