金爆・鬼龍院翔 文春“二股交際”報道受けコメント「妻にも謝罪致しました」 ファン、メンバーにも謝罪

[ 2021年9月8日 16:44 ]

ゴールデンボンバーの鬼龍院翔
Photo By スポニチ

 今月4日に一般女性との結婚を発表した「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(37)が8日、自身のブログを更新。この日、「文春オンライン」で二股交際が報じられたことを受けて女性との関係を説明し、「本当に申し訳ございません」と謝罪した。

 結婚発表からわずか4日後のこの日午後、文春オンラインが「『金爆』鬼龍院翔が謝罪 電撃婚の陰に“10年恋人”と二股交際」のタイトルで報道。鬼龍院は直後にブログを更新し、「今週木曜日発売の週刊文春に『昔から親密な関係にある女性』に関する記事が出るとの連絡が事務所に入りました」と事前に連絡を受けていたことを明かし、「その時点では記事の内容は把握ができていなかったのですが、7日午前中に下記のように回答させていただきました」と記して文春への以下の回答を転載した。

 「10年来仲良くしている女性の友人がいる事は事実です。最後にお会いしたのは3月で、その時に結婚の予定がある事を話し、その日はそれ以外特に何もなく、以後は会っていません。私の事で傷付けてしまっていましたら大変申し訳ございません」

 鬼龍院は「この度はゴールデンボンバーを応援してくださるファンの皆様、お世話になっている関係者の皆様にご心配やご迷惑をおかけしたり、ご不快な思いをさせてしまうと思います。メンバーの喜矢武さん、淳さん、研二さんには謝罪致しました。プライベートな事でメンバーのみんなに迷惑をかけてしまうと思います。本当に申し訳ございません」とファンや関係者、メンバーに謝罪。

 そして「妻にも謝罪致しました」と明かし、「家族については触れないと言った直後にこのような投稿をすることになってしまい、本当にすみません」とブログを結んだ。

 鬼龍院は4日の結婚発表では、ファン心理を考慮して公表するかどうかも迷ったといい、「本日九月四日以降は鬼龍院翔からこの件についてあらためて触れる可能性があるとしたら『出産』『離婚』『家族の安全が脅かされた時』くらいではないかと予想されます」とつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月8日のニュース