「農業アイドル」自殺、未払い賃金求め訴訟 遺族側の請求棄却 東京地裁

[ 2021年9月8日 05:30 ]

 愛媛県を拠点に活動していた農業アイドル「愛の葉Girls」元メンバーで18年3月に自殺した大本萌景(ほのか)さん=当時(16)=の遺族が、不当な賃金未払いがあったとして、所属事務所「Hプロジェクト」(松山市)に約8万8000円を支払うよう求めた訴訟の判決で、東京地裁は7日、遺族側の請求を棄却した。判決後、原告側代理人は「アイドルの労働力搾取を容認する不当判決だ」と述べ、控訴する姿勢を示した。

 遺族は他に、過酷な労働環境が自殺の原因として会社側に損害賠償請求訴訟を起こしている。会社側も名誉を傷つけられたとして遺族側に賠償を求め、いずれも係争中。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月8日のニュース