「おかえりモネ」内田くんキャスター起用?にネット騒然!メガネなし&スーツ姿の破壊力「隠れイケメン」

[ 2021年9月8日 08:15 ]

連続テレビ小説「おかえりモネ」第83話。「あさキラッ」スタジオキャスターのカメラテストに臨む内田(清水尋也)(C)NHK
Photo By 提供写真

 女優の清原果耶(19)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」(月~土曜前8・00、土曜は1週間振り返り)は8日、第83話が放送された。

 <※以下、ネタバレ有>

 朝ドラ通算104作目。清原とタッグを組んだNHK「透明なゆりかご」やテレビ東京「きのう何食べた?」などで知られる安達奈緒子氏が手掛けるオリジナル作品。朝ドラ脚本初挑戦となった。タイトルにある「モネ」は主人公・永浦百音(ももね)の愛称。1995年に宮城県気仙沼市に生まれ、森の町・登米(とめ)で青春を送るヒロイン・百音が気象予報士の資格を取得し、上京。積み重ねた経験や身につけた技術を生かし、故郷の役に立ちたいと奮闘する姿を描く。

 第83話は、百音(清原)は莉子(今田美桜)のことと、菅波(坂口健太郎)となかなか会えないことにモヤモヤした日々を送っていた。そんな中、Jテレの朝のニュース番組「あさキラッ」の視聴率低迷を打破しようと、朝岡(西島秀俊)は高村(高岡早紀)に“ある提案”を持ち掛ける。その提案により、莉子は一層追いつめられる。同じ頃、百音は菜津(マイコ)から宇田川の過去を打ち明けられ…という展開。

 朝岡の提案とは「あさキラッ」気象班データ担当・内田(清水尋也)のスタジオキャスター起用。気象班デスク・高村(高岡早紀)も「やさしい顔して、あなたやることが鬼だわ」と朝岡に返したほどだった。

 百音、莉子、野坂(森田望智)による打ち合わせ中、高村が現れ「皆さんにお知らせがあります、あのね、神野さん」と言ったところで、モニターに映ったのはメガネなし&スーツ姿の内田。キャスターのカメラテストを行っていた。百音は「えっ?内田さん?」、朝岡の後任キャスター・莉子の表情も固まった。

 SNS上には「隠れイケメン!」「内田くんのイケメンが全視聴者にバレてしまう…!」「待って、内田くんが清水尋也を出してきた!」「内田くんがメガネ取ってスーツ着たら、もう清水くんみが爆発しない…?」「髪型を変えてメガネを外した内田くんの破壊力。モデル設定がここに生きてくるとは。朝岡さんの客層は絶対内田くんにハマるし、視聴率爆増してしまう」「内田くん絶対に人気出る。朝岡さんのファンも戻るし、たぶんそれ以上のファンを獲得できる。朝岡さん鬼やな」「莉子ちゃん…わたしは莉子ちゃんの味方だよ」「言われる前に見ちゃうのってしんどすぎるよね神野さん…これはつらいわー」「ありゃりゃ、これはいくら何でも荒療治が過ぎるのでは…!?」などの声が続出。放送終了後(午前8時31分)には「内田くん」がツイッターの国内トレンド3位に入る大反響を呼んだ。

 直後の同局「あさイチ」(月~金曜前8・15)の“朝ドラ受け”。鈴木奈穂子アナウンサー(39)も「何かドッキリとかであってほしい」と驚き。莉子VS内田のキャスター争いとなるのか、注目される。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年9月8日のニュース