愛知“密フェス”補助金3000万円取り消し 観客ら14人感染、クラスター認定

[ 2021年9月8日 05:30 ]

 経済産業省は7日、愛知県で開かれた野外音楽イベント「NAMIMONOGATARI2021」に対する最大3000万円の補助金交付を取り消す方針を決めた。会場での新型コロナウイルス感染対策が不十分だったと確認した。関係者によると、主催会社側に7日付で通知文書を送った。

 イベントは愛知県常滑市で8月29日に開かれ、主催会社によると約8000人が参加した。会場で酒類が提供されるなど感染対策が徹底されていなかったとして、愛知県が抗議していた。

 このイベントを巡っては、観客ら14人の感染が判明し、愛知県がクラスター(感染者集団)の発生を認定したことが7日に明らかになった。県関係者によると、14人は10代と20代で、いずれも軽症か無症状。また、同県稲沢市は参加した20代の男性消防士が感染したと発表。参加者対象のPCR検査で他に2人の陽性も確認されているが、この3人が14人に含まれるかは不明。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年9月8日のニュース