「ドラゴン桜」ヤンキー2人組・小橋&岩井も東大専科入り?ネット歓喜「一番胸熱」「みんな合格に」

[ 2021年6月13日 22:00 ]

日曜劇場「ドラゴン桜」第8話。(左から)健太(細田佳央太)岩井(西垣匠)小橋(西山潤)(C)TBS
Photo By 提供写真

 俳優の阿部寛(56)が主演を務めるTBS日曜劇場「ドラゴン桜」(日曜後9・00)は13日、第8話が放送され、視聴者の癒やしの存在になっている、俳優の西山潤(22)と西垣匠(21)演じる“ヤンキー2人組”小橋&岩井が登場した。

 <※以下、ネタバレ有>

 阿部が主演を務め、2005年7月期に金曜ドラマ枠でヒットした学園ドラマの16年ぶり新シリーズ。前作は、経営難の三流私立校・龍山高校を舞台に、元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部)が落ちこぼれの生徒を東大合格へ導いた。今回の原作は、18年から週刊漫画誌「モーニング」(講談社)に連載されていた三田紀房氏の「ドラゴン桜2」。前作の原作「ドラゴン桜」(03~07年連載)の15年後を描くが、今作は現代の日曜劇場にふさわしいエッセンスを盛り込んだドラマオリジナルの物語が展開される。

 阿部が伝説の弁護士・桜木役に再び挑戦。女優の長澤まさみ(33)が桜木の教え子・水野直美役を続投。水野は一浪して東大に合格し、弁護士資格を取得した。続編はドラマオリジナルの舞台・龍海学園の教頭・高原浩之(及川光博)が学園再建のため、桜木と水野を招き、幕を開けた。

 第8話は、東大合格者が5人出たら学園は売却される――。桜木(阿部)宛に送られてきたファイルから、先代理事長・恭二郎(木場勝己)による久美子(江口のりこ)の理事長退任と学園売却計画が発覚した。最大の危機に見舞われる一方、桜木は東大専科の生徒7人にオーダーメイドの勉強法を伝授。それぞれの学力を考慮した受験科類と選択科目の提案、それにピッタリな攻略法だ。また、水野(長澤)からは夏休みを前に変わった対策法が伝授される。そんな中、楓(平手友梨奈)は一人、悩んでいた。桜木はその様子に気づくが…そして、アクシデントが楓を襲う…という展開。

 “ヤンキー2人組”小橋(西山)&岩井(西垣)は初回(4月26日)、東大専科希望を装って水野にバリカンを入れてもらい「生徒を強制坊主に」という動画をアップし、水野を陥れた。実は一緒に海に飛び込んでいたが、桜木が天野(加藤清史郎)を海に突き落とした部分の動画も配信。しかし、桜木との“バイクチェイス”の末、逆に桜木を脅した動画を突き付けられ、成敗された。

 これを機に改心し、桜木の“舎弟”として活躍。第4話(5月16日)、2人も勉強を開始した。

 早大・慶大を目指していた2人だが、この夜の第8話中盤、桜木から私立は3教科のため楽と思われがちだが、小論文やマニアックな知識も問われ、難関と忠告された。しかしラスト、東大専科の教室をのぞく2人に、桜木は「確かに早稲田・慶応は無理と言った。だがな、オレ、東大は無理だと言った覚えはないぞ。東大はな、やり方次第だ。何ならスペースあるから、後ろで見学したらどうだ。『もう間に合わないだろ?』。だったら練習生という形でどうだ。ただし、机とイスは自分で担いでこいよ!」。2人は「はい!」と笑顔。次回から東大専科に入るのか、注目される。

 SNS上には「まさかの坊主コンビ専科入り(仮)に驚きを隠せない…ずっと待ってたぞ」「専科を見守ってきたのに何故か専科には交ぜてもらえなかった坊主2人がようやく専科に入れてもらえたの、『ドラゴン桜2』で一番胸熱だったシーンではw」「もうみんな合格にしてあげたい。ヤンキーコンビも合格でいいよ」などの声が相次いだ。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月13日のニュース