堀内さん 最下位予想のオリックス交流戦Vに脱帽「読み間違いでしょうね」

[ 2021年6月13日 10:02 ]

堀内恒夫氏
Photo By スポニチ

 現役時代に巨人のエースとして通算203勝をマークし、巨人監督も務めた野球解説者の堀内恒夫さん(73)が13日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)にリモート出演。オリックスが「日本生命セ・パ交流戦」で11年ぶり2度目の優勝を決めたことに言及した。

 オリックスは12日に広島を3―2で下し、2位・中日、3位・DeNA、4位・楽天が全て敗れたため、2010年以来の優勝を決めた。2年ぶり5連勝で5カード連続勝ち越しの快進撃。優勝賞金3000万円を手にした。96年を最後に12球団で最も遠ざかるリーグ優勝を目指し、18日からのリーグ戦再開へ弾みを付けた。

 堀内さんは「毎年ダークホースで考えていたのがようやく実ってきたのかなって言いながら、私は最下位(予想)だったんですよ。読み間違いでしょうね」と“脱帽”していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年6月13日のニュース