比嘉愛未 6月開始テレ東ドラマ主演、夫の浮気調査乗り出す主婦演じる「繊細な心の描写を丁寧に」

[ 2021年4月30日 06:00 ]

テレビ東京ドラマ「にぶんのいち夫婦」で夫の浮気を疑う主婦を演じる比嘉愛未
Photo By 提供写真

 女優の比嘉愛未(34)が6月2日スタートのテレビ東京ドラマ「にぶんのいち夫婦」(水曜深夜0・40)に主演する。

 イケメンで誠実な夫の浮気を疑う結婚2年目の主婦役。夫のスマートフォンに見知らぬ女性から意味深なメッセージが届いたことをきっかけに、その相手から夫を取り戻すべく動きだすという役どころ。浮気調査にも乗り出すなど、ラブストーリーの中にサスペンスやミステリーの要素も盛り込まれ、ハラハラドキドキする展開が繰り広げられる。

 夫を問いただして夫婦関係を壊すリスクを取るか、心の中にしまって平穏な日常を守るか――。不安を募らせながらも浮気の証拠探しに動くという繊細な感情表現が求められる難役とあって、演技力に定評のある比嘉に白羽の矢が立った。同局ドラマに主演するのは初めて。田辺勇人ドラマ室プロデューサーは「今までに見たことのない比嘉愛未を見ることができます」と期待させた。

 小説投稿サイト「エブリスタ」で連載され、漫画版が累計150万部を突破した同名作品が原作。作者の夏川ゆきのさんは比嘉の起用に「うれしさのあまり一晩眠れませんでした」と喜んでいる。

 比嘉は「ずっと恋愛ドラマを演じたいと思っていたのでうれしい気持ちと、主演という責任をどっしりと感じています」と心境を吐露。「主人公の繊細な心の描写を丁寧に、30代の今だから出せる自分の表現をしていきたい」と意気込んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月30日のニュース