チャーリー浜さん、誤嚥性肺炎のため死去 3月中旬から入院 最後の仕事は昨年3月の配信イベント

[ 2021年4月21日 16:26 ]

チャーリー浜さん(C)吉本興業
Photo By 提供写真

 吉本新喜劇座員のチャーリー浜(本名・西岡正雄 にしおかまさお)さんが4月18日、呼吸不全、誤嚥性肺炎のため、大阪市内の病院で逝去した。78歳だった。葬儀はすでに近親者のみで執り行われた。

 関係者によると、体調不良のため3月中旬から入院していた。お別れ会の予定は現在のところないという。

 2020年3月、京都市内のよしもと祇園花月で開催された配信イベント「チャーリー浜をもっと知ろう」が最後の仕事になった。

 チャーリーさんは1942年生まれ、大阪府出身。1962年、吉本新喜劇に入団し、新喜劇を中心に、テレビCMや舞台などでも活躍。代表的なギャグ「…じゃあ~りませんか」はテレビCM出演を機にブームとなり、1991年の「新語・流行語大賞」の年間大賞にも選ばれた。1992年には「上方お笑い大賞」金賞を受賞した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「ジャニーズ」特集記事

2021年4月21日のニュース