ノンスタ石田も新型コロナ感染 2度目のPCR検査で陽性 発熱や咳もなく味覚はあり「本当にびっくり」

[ 2021年4月21日 21:48 ]

「NON STYLE」の石田明
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(41)が新型コロナウイルスに感染したと21日、所属の吉本興業が公式サイトで発表した。相方の井上裕介(41)も今月12日に感染し、ホテル療養中。井上が感染した際、石田は濃厚接触者と判断されたものの、翌13日に受けたPCR検査の結果は陰性。2度目のPCR検査で陽性と判明した。

 石田は19日にテレビ番組の収録に伴い、PCR検査を受けた結果、20日に陽性と診断された。発症日は18日。相方・井上が発熱した翌日の13日にPCR検査を受けた際は陰性の診断だった。吉本は「今後、保健所の指示に従って療養します」とした。

 石田も自身のブログを更新し「先日、19日に受けた2度目のPCR検査の結果が届き、陽性認定されました」と報告。「本当にびっくりしました。13日の夜に相方の井上が発熱(後日、陽性認定)したと聞き、その日の夜中にPCR検査を受けさせてもらいました。結果ぼくは陰性。なので、大丈夫なのかなと期待してしまっていた自分がいます。ですが、そこからは保健所の指示通りに自宅隔離をしました。家の外にはPCR検査以外では一歩も出ていません。家でも1日中マスクをして家族と鉢合わせないように最大限つとめました。症状なんですか、熱もなく咳もありません。味覚も嗅覚も普通にあったので、まさか陽性が出るとは思ってもみませんでした」と経過と心境を明かした。

 「今はただ療養に専念します。そして家族に感染していないことを祈るばかりです。最後に、僕のコロナ感染により、仕事に支障をきたした皆様。不安にさせてしまった皆様。大変申し訳ございませんでした。とにかく、この時間をマイナスにしないようにがんばります」とつづった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月21日のニュース