おいでやす小田 前説で「ガチガチのネタ」をやっていた理由 ナイナイ矢部「真面目やなあ」

[ 2021年4月16日 14:12 ]

おいでやすこが
Photo By スポニチ

 お笑いユニット「おいでやすこが」が、15日深夜放送のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に生出演。おいでやす小田(42)がかつて、前説でネタを披露していた理由を明かした。

 おいでやす小田のツッコミをもとにした新コーナー「知らんなあ!」ができたことから、生出演が実現した。かつて小田は、ナインティナイン岡村隆史の番組で前説を担当。本来、前説は観客への注意事項の説明や雰囲気を良くするためのものだが、小田は自分の持ちネタを披露していたといい、岡村は「小田だけやで、あんなガチガチのネタやってたの!」と懐かしんだ。

 前説でネタを披露していた理由を、小田は「最初は盛り上げみたいなのやってたんですよ。でも明細見たらルミネの出番とギャラ一緒やって。これはちゃんとネタやらんとって思ったんです。盛り上げとかそんなんじゃだめだと。ルミネと同じようなクオリティのものをやらんとあかんなと。びっくりしたんです」と明かした。

 これを聞いたナインティナインの矢部浩之は「真面目やなあ」と感心。岡村は「スタッフからもうOKですとか言われて、最後までできへんかったりな」と回想。小田は途中で前説が切られてしまっても「僕はそのつもりでやってるんで。スタッフさんからは逆にあんなしっかりしたネタの途中で終わってしまってすみませんとか言われたこともありました」と振り返った。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース