モー娘。チルドレンは「35人以上」 矢口真里「将来、全員集合させたいねって」

[ 2021年4月16日 23:03 ]

矢口真里
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーで、タレントの矢口真里(38)が15日深夜放送のTOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木曜深夜1・00)に出演し、かつてのモー娘。の仲間たちとの親交を明かした

 同番組で対談したAKB48の峯岸みなみ(28)から「結婚っていいですか?」と質問されると、「いいよ」と即答した矢口。元モデルの梅田賢三さんと2018年3月に再婚して翌19年8月に第1子となる長男を出産したが、「結婚がいいっていうか、子どもがいいね。“子どもがいて両親がいる”みたいな感じで、今までに感じたことがない幸福感」としみじみと語った。

 モーニング娘。の卒業生は現在30人にのぼるが、矢口は「オリジナルメンバーから5期ぐらいまでは結婚しているメンバーが多くて。人数を数えたら35人以上いた、子ども」と元メンバーの子どもたちの合計人数を告白。そして「子どもたちだけでモーニング娘できるし、モーニング息子もできる。将来、みんな会わせたいね、全員集合させたいね、みたいなことを言っている」と夢の“全員集合計画”を語った。

 当時のメンバーとは今でも仲が良いそうで、「裕ちゃん(中澤裕子)は福岡に住んでいるから全然会えないんだけど、他のメンバーはバラエティーで一緒になったり。コロナの前はご飯に行ってたりした」と苦楽をともにした仲間同士の絆を明かしていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース