座長の酒井藍は陰性 大阪・NGKでの吉本新喜劇17日再開へ

[ 2021年4月16日 21:51 ]

酒井藍
Photo By スポニチ

 吉本興業は16日、2日間中止していた大阪・なんばグランド花月(NGK)での吉本新喜劇公演を、17日から再開すると発表した。

 座長の酒井藍(34)が、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触者に該当する可能性があるため、15、16両日の公演を中止していたが、この日午後、保健所からり該当しないとの連絡があった。酒井本人もPCR検査を受診し、陰性と診断されたという。

 同社は「お客様にはご迷惑とご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。今後とも、吉本新喜劇及びなんばグランド花月への変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます」とホームページで報告した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース