SixTONES・ジェシー 秋元康氏舞台で初主演初座長「じぇしんあります!」

[ 2021年4月16日 04:00 ]

舞台「スタンディングオベーション」で舞台単独初主演するSixTONESのジェシー
Photo By 提供写真

 SixTONESのジェシー(24)が、秋元康氏(62)が企画・原作を手掛ける舞台「スタンディングオベーション」で単独初主演することになった。

 ジャニーズ事務所以外の舞台には初出演ながら、バラエティー番組での活躍から座長に抜てき。プレッシャーに弱く緊張しているとしつつ「やれることを頑張るしかない」と気合。ジェシーだけに「盛り上げる自信(じぇしん)あります!」と得意のダジャレでやる気を示した。公演は8月に東京・TBS赤坂ACTシアター、9月に京都劇場で行われる。

 秋元氏が原作を担当し、12年放送の日本テレビドラマ「私立バカレア高校」以来2度目のタッグとなる。当時はジャニーズJr.で、「私立…」は結成前のSixTONESのメンバー6人が出演。結成のきっかけとなった大切な作品だ。

 ジェシーは「僕が座長として生ものの舞台でご一緒できることがとてもうれしい」と再タッグに感慨深げ。秋元氏も「スタンディングオベーションを受けている出演者の真ん中にジェシーがいたら、絵になる。イメージにピッタリ」と語った。

 今作は秋元氏が企画依頼を受けた時に思い浮かんだ“スタンディングオベーション”という言葉に着想を得て実現。舞台の上演中に殺人犯が客席に紛れ込んでいるという状況を、笑いを交えながら感動作に仕上げるという。

 ジェシーの役どころは今後発表されるが、秋元氏ならではの仕掛けが組み込まれており、本人にとっても大きな挑戦となりそう。ジェシーも「自分自身も楽しみながら、お客さまには作品に集中して笑っていただけたらうれしい」と意気込んでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース