西田敏行は後白河法皇役、14度目の大河 佐藤浩市は18年ぶり、房総半島の豪族に

[ 2021年4月16日 05:30 ]

22年大河ドラマ「鎌倉殿の13人」出演者発表

来年のNHK「鎌倉殿の13人」が14作目の大河ドラマ出演となる西田敏行
Photo By 提供写真

 三谷作品常連組の出演も発表された。映画「THE 有頂天ホテル」などに出演した俳優の西田敏行(73)は、後白河法皇役で出演。権謀術数を駆使して源平を翻弄(ほんろう)する当代きってのくせ者で、西田にとっては14度目の大河出演となる。「私なりのアタックの仕方で、一般的な後白河法皇とはイメージが違うかもしれないけれど“俺が演じた後白河法皇が真実だ”というくらいリアリティーをもって演じたい」と意気込んでいる。

 佐藤浩市(60)は房総半島の豪族・上総広常役。同じく三谷氏が手掛けた04年「新選組!」以来、18年ぶりの大河ドラマで「それぞれの地で彼ら(坂東武士)の置かれていた立場、関東の豪族たちのヒエラルキーなど、そこにある面白さや悲哀をうまく見せられたら」と語っている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース