「TOKIO」国分、もう笑うしか…「新会社立ち上げたばかりでお金ありませ~ん」

[ 2021年4月16日 06:00 ]

「株式会社TOKIO」を立ち上げ、初のMC番組スタートに力が入る国分太一(提供:MBS)
Photo By 提供写真

 「TOKIO」の国分太一(46)がMCを務める月1回の新番組「TOKIOテラス」(18日スタート、MBSテレビ日曜深夜1・20)の取材会がこのほどリモートで行われた。

 1日にジャニーズグループの関連会社「株式会社TOKIO」を立ち上げたばかりだが「ホームページや動画を作った時点でかなりお金をかけてしまっていて。もうお金がありませ~ん」と苦笑い。同番組は新しいビジネスで急成長する企業のトップと国分がトークを展開するもので「会社を立ち上げるのは思っていたより10倍大変でした。今まで味わったことのない大変さだったので楽しくもあり。でもこれがゴールではないので、この番組で学んだことを経験に変えていきたい」と副社長としての顔ものぞかせた。

 会社の運営は必ずメンバー3人で話し合うらしく、国分の役割は企画書作成。「覚えたてのパソコンを人さし指でポチポチやりながら作っています。楽しいし苦でも何でもない」と目を輝かせた。

 収録で出会った57歳で起業した社長に刺激を受けたそうで「エネルギッシュに動いていてとても勇気を頂きました。ウチの社長(城島茂)は50歳で初の起業。かなり震えていましたが、この方の話をして落ち着かせようと思います」と笑わせた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース