そらジロー&ブーナ&ガチャピン・ムック動画初共演!局の垣根越え「防災戦隊ソナエルンジャー」に

[ 2021年4月16日 16:15 ]

防災意識の向上を図る動画コンテンツ「防災戦隊ソナエルンジャー」で映像作品初共演を果たした(左から)そらジロー、ブーナ、ガチャピン・ムック
Photo By 提供写真

 日本テレビ、TBS、フジテレビの夕方のニュース番組のお天気コーナーで活躍している「そらジロー」「ブーナ」「ガチャピン・ムック」の4人が局の垣根を越え、映像作品初共演を果たした。防災意識の向上を図る動画コンテンツ「防災戦隊ソナエルンジャー」で“戦隊ヒーロー”に。熊本地震から5年を迎えた16日に配信がスタートした。

 「みんなの防災プロジェクト実行委員会」(危機管理教育研究所他)は2016年から防災啓発イベント「みんなの防災+ソナエ」を開催。昨年は新型コロナウイルスの影響により全体験イベントが中止となり、今回、動画コンテンツによる防災啓発活動が企画された。

 そらジローが天気の戦士ソナエイエロー、ブーナが医療の戦士ソナエピンク、ガチャピンがエネルギーの戦士ソナエグリーン、ムックが食糧の戦士ソナエレッドに。気象予報士の木原実氏も参加し、謎のキラハ博士役。さまざまな不自然な災害を科学の力で引き起こすキラハ博士と、その災害から市民を守る4人のソナエルンジャーの勇気ある闘いを描き、災害への日々のソナエ(備え)の大切さを伝え続ける。

 この日、「みんなの防災+ソナエ公式サイト」で第1話「手洗いの達人現る!」(地震災害)と第2話「救命救急の達人現る!」(台風災害)の配信がスタート(各話約20分)。第3話以降は順次公開される。

 危機管理教育研究所の国崎信江氏は「このコンテンツは研究者、メディア、企業など多様な方々との協働と高い編集技術によって制作された唯一無二のコンテンツだと思います」と手応えを示し「これから継続してお楽しみいただけるよう、この動画はシリーズとして定期的に配信して参ります。どうぞ愛らしいキャラクターたちが活躍する『防災戦隊ソナエルンジャ―』を見て応援していただければと思います」と呼び掛けた。

 ▼そらジロー みなさん、こんにちは。僕のなまえは「そらジロー」。日本テレビのお天気キャラクターとして天気予報のお手伝いをしています。でも、それだけじゃあないんだよ。秘密だけど、じつはガチャピンやムックたちと一緒に「防災戦隊ソナエルンジャー」として地球の平和を守る仕事もしているんだ。地震はいつおそってくるかわからないし、記録的な大雨もだんだんふえているんだって。それにくわえて最近では「キラハ博士」のような悪者もでてきて不自然な災害を起こしてくるから困ったものさ…え?しらないって?それなら、ちょうどよかった。僕たち「防災戦隊ソナエルンジャー」の活躍が映像で見られるようになったんだ。おともだちにもおしえてみんなで観よう!災害に備えるためのヒントがもらえるかもしれないよ。

 ▼ブーナ 前回の「みんなの防災+ソナエ」イベントに参加させてもらいましたが、今回はそらジロー、ガチャピン、ムックのみんなで共演し、とても楽しく撮影出来たnana♪ソナエルンジャ―としての私たちの活躍を是非見てください!そして、この動画を見て皆さまが、少しでも防災に備える意識を持ってもらえたら嬉しいnana♪

 ▼ガチャピン そらジローくんやブーナちゃんとは3年前から防災イベントで一緒に活動していたので、撮影はすっごく楽しかったです。これからは「ソナエルンジャ―」として全国の防災活動に参加して仲間をふやしたいと思います。ぼくのソナエグリーンはエネルギーの戦士で、被災地で困っている人たちにエネルギーを届けているんだけど、みんなも災害時に必要になる電池やLEDライト、携帯電話の充電用のモバイルバッテリー、温かい食べ物をたべるためのカセットコンロなどは、是非ソナエてくださいね。

 ▼ムック 毎年防災のイベントでたくさんのお友だちと会えていたのですが、昨年はコロナでイベントができず、みなさんとお会いできませんでしたが、その分このソナエルンジャーにわたくしたちの防災への想いを詰め込みましたので是非ご覧ください。わたくしのソナエレッドは食糧の戦士ということで、被災地のみなさんに食べ物や飲み物をお届けしています。おうちでの水の備蓄や食糧の備蓄、わすれないでくださいね。

 ▼木原実氏 みなさんはキラハ博士をしっていますか?あ、しつれいしました。わたしは気象予報士で防災士の木原実です。ふだんはそらジローといっしょに天気予報を伝えています。さて、お話ししたキラハ博士というのは超天才科学者で、不自然災害発生装置をつかい、おそろしい地震や台風を人工的につくりだしているのです。でも、よく考えてみると、博士の作る地震は局地的で台風はごく小さなものです。もしかしたら博士は「さあ、地震が来るぞ、そなえはできてているかな」「ほら台風だぞ、どう行動したらいいのかな」と私たちを試しているのかもしれませんね。そうだとしたら一刻の猶予もありません。本当の災害がやってくる前に「そなえ」をしておかなければなりませんよ。だって、キラハ博士の次のターゲットは君たちのすんでいる、その街かもしれないのですから。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース