岡村隆史 加藤浩次で回想「さんまさんも言わはる」“知らん方がええ”こと

[ 2021年4月16日 11:39 ]

「ナインティナイン」の岡村隆史
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(50)が、15日深夜放送のニッポン放送「ナインティナインのオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)に出演。「知らない方がいいこと」を明かした。

 3月末で吉本興業とのエージェント契約を解消したお笑いコンビ「極楽とんぼ」加藤浩次(51)は今後、ギャラが全て自分に入ってくることになり、岡村は「10かあ…すごいやんか!」と興奮気味。一方で全部自分のお金で、ギャラ交渉などもやらなければいけない。相方の矢部浩之(49)は「フリーになった芸人がよく言ってるけど、(本当のギャラを知ると)こんだけの価値なのかと全部わかってしまうっていう。それをどうとるかやね。知りたいっていう方と、みなまで知らん方がいいか」と語った。
 
 岡村は「知らん方がええねんて。ほんまに。そっちの方が仕事できるもん。(明石家)さんまさんも言わはる。知らん方がええねんって。知ってたら仕事するのいやになるから知らんでいい」と語り、2人とも「余計な噂は聞きたない」と口をそろえた。

 矢部は「我々は知らん方でいい、でやってきたからね。でもコソコソされたら聞きたなんのよ」と明かした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年4月16日のニュース