ももクロ・百田夏菜子 「道着」を「みっちゃく」?漢字が読めないことを暴露され「雰囲気で言っちゃって」

[ 2021年3月6日 18:01 ]

ももいろクローバーZの百田夏菜子
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子(26)が5日深夜放送の関西テレビ「桃色つるべ~お次の方どうぞ~」(金曜深夜1・50)に出演。ゲスト出演した歌舞伎俳優の尾上松也(36)やももクロメンバーから漢字が読めずに言い間違いをした過去を明かされた。

 百田と松也は3月12日公開の映画「すくってごらん」(監督真壁幸紀)でW主演。金魚の産地として知られる奈良県でロケを行い、左遷された元エリート銀行員が出会った美女(百田夏菜子)を悩みからすくうため、金魚すくい大会に出場し金魚もすくうという物語。百田はともにMCを務める笑福亭鶴瓶(69)に内容を「カオスなんですよ」などと「カオス」を連呼して話したと言うが、松也から「カオスってどういう意味?」と聞かれても「よく分かんないんですよね。なんとなくの雰囲気で使ってて」と笑って見せた。

 松也は百田の印象について、「普段すごくON、OFFがハッキリされていて、切り替えができる人なんだなって撮影の合間もみんなを明るくしてくれて、頭のキレもいいんだなと思っていた」と話すと、鶴瓶ら出演者は驚きの様子。だが続けて「映画が公開されるので、たくさん取材もご一緒させていただくじゃないですか。そうすると漢字が全然読めないんですよ。『左遷(させん)されたエリート銀行マン』って言うのを『さかんされた…』って」と告白。「恥ずかしい~」と言う百田に鶴瓶は「下読みしとけよ」と突っ込んだが、「急にコメントが来るときに驚いちゃうんですよね。でも雰囲気で言っちゃって、間違っちゃうっていう」とにっこり。松也が間違いを指摘しても「ああ、そうですよね」と動じることはなかったという。

 ももクロメンバーも百田の言い間違いはしょっちゅうあるとし、玉井詩織(25)は「たぶん読み方分かんない時は、音読み訓読みを自分の中で組み立てようとして大体間違えた方を読んじゃう。『道着』って言うところをそのまま読めばよかったのに、あえて『みっちゃく』ってすごく難しく言ったり。逆にすごいですよね」と明かした。百田は「大体いけないんですけどね」と苦笑いだった。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月6日のニュース