熊元プロレス 斎藤工との“濃厚キスシーン”での失敗とは…「記憶が正直飛んでいる状態」

[ 2021年3月6日 16:21 ]

お笑いコンビ「紅しょうが」の熊元プロレス
Photo By スポニチ

 女性お笑いコンビ「紅しょうが」の熊元プロレス(30)が6日放送の関西テレビ「モモコのOH!ソレ!み~よ!」(土曜後1・59)に出演。バラエティー番組で濃厚キスを交わして話題となった俳優・斎藤工(39)について語った。

 
 昨年の女芸人No.1決定戦「THE W」で準優勝し、人気上昇中のコンビ。今回、熊元が2019年にテレビ番組の企画で斎藤と約10秒にわたるキスシーンを展開したことがトークテーマとなった。ハイヒール・モモコ(57)に「女芸人として素晴らしいと思ったよ、斎藤工さんとキスできる。しかも激しかったもんな?」と振られた熊元は、「まぁぁ」とニンマリ顔。

 イケメン俳優とのキスの瞬間について、「ホンマに記憶が正直飛んでいる状態」と振り返り、「目をつむってもうたんですよ…」と痛恨の表情を浮かべた。それ以来、斎藤が自らのSNSなどを「フォローしてくれている」という。

 熊元は、相方の稲田美紀(32)が行ったインスタライブに斎藤がコメントしたことがあったと告白した。「私やけどなぁ」と、“嫉妬心”を抱いて「普段しない」インスタライブを自身もしたそうだ。昨年末に行うも斎藤からコメントはこなかった。リベンジを果たそうと、今年の1月2日にもインスタライブを開催した。

 「3、4時間粘って。やっていたら、斎藤さんから『あけましておめでとうございます』ってきて。優しいなぁって」と、しみじみ。さらに「何気ない会話もしてくれた」といい、斎藤の人間性に感動したことを話していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年3月6日のニュース