サバンナ高橋、吉本入り決意は大学の学園祭 千原ジュニアからトイレで「お前ら吉本入らへんの?」

[ 2020年10月28日 12:28 ]

「サバンナ」の高橋茂雄(右)と八木真澄
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「サバンナ」の高橋茂雄(44)と八木真澄(46)が27日深夜放送のテレビ東京「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(火曜深夜1・35)に出演。吉本興業入りを決めた出来事を明かした。

 大学時代にコンビを結成したが、NSC(吉本総合芸能学院)には通っていなかった高橋と八木。ある日、知人から吉本のオーディションがあることを聞き、受けてみることにしたという。

 オーディションは「3分ネタができたら1週合格で、5週合格できたら吉本に入れる」というシステム。順調に3週ほど合格できたという高橋と八木だったが、互いに「吉本入ってまうけど、どうすんの?」という空気感だった。

 オーディションを受け続けるか迷っていたところ、大学の学園祭に「千原兄弟」がゲスト出演したことが大きな転機に。高橋と八木が観客の前で披露したネタは千原兄弟からほめられ、さらに高橋はトイレで千原ジュニア(46)と遭遇。そこでジュニアから「お前ら吉本入らへんの?絶対いけるのに」と言われたことを明かした。

 ジュニアの言葉で高橋は吉本入りを決意。「“ジュニアが言うてたで!八木さん行きましょうよ!”って言って、受かった」と振り返っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2020年10月28日のニュース