アニメ「邪神ちゃんドロップキック」3期制作を発表、鈴木愛奈感激「愛されているなと実感」

[ 2020年10月28日 18:02 ]

「邪神ちゃんドロップキック」3期の制作発表に出席した鈴木愛奈
Photo By スポニチ

 声優の鈴木愛奈(25)と大森日雅(にちか、26)が28日、都内で行われたアニメ「邪神ちゃんドロップキック」の3期の制作発表に出席した。

 18年夏、今春に放送され、クラウドファンディングの成功によって22年放送予定の3期が決定。タイトルは「邪神ちゃんドロップキックX(エックス)」に決定、北海道帯広市、釧路市、富良野市、長崎県南島原市とコラボレーションすることも発表された。

 鈴木は「うれしいと同時に驚きの方が強かった。3期まで続くなんて愛されているなと心から実感しました」と感激。大森は「3期もより笑ってもらえるように、素晴らしいものを作っていきたい」と意気込んだ。制作発表には製作総指揮の夏目公一朗氏も出席した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月28日のニュース