今日卒コン 乃木坂・白石麻衣語録&年表(5)ついに卒業「外から乃木坂を見守っていきたい」

[ 2020年10月28日 18:30 ]

2018年06月、乃木坂46写真集「乃木撮」刊行イベントで、「あご乗せポーズ」について語る秋元真夏(左)と白石麻衣
Photo By スポニチ

 今日28日に配信限定による卒業コンサートに出演する乃木坂46白石麻衣(28)の語録付き年表、パート5は19~20年を紹介。ついにグループ卒業を発表し、アイドルとしての残り少ない日々をかみしめながら、卒業コンサートの日を迎えた。

<19~20年>

 ◆19年2月 京セラドーム大阪で、西野七瀬の卒業コンサートに出演。テレビに映らない場面で西野に変顔をしていたという裏話を披露し、「なあちゃんすごい笑ってくれるからうれしくて」。最後は西野と約30秒間のハグ。

 ◆19年12月 野間出版文化賞特別賞を受賞し、贈呈式に出席。写真集「パスポート」の大ヒットが評価された。「私の活動の中でも大きなターニングポイントとなった、とても大切な一冊です」。

 ◆19年12月 NHK紅白歌合戦に出場。「シンクロニシティ」で「ウッチャンナンチャン」内村光良とコラボ。リハでは「お祭りのような雰囲気。楽しくシンクロしあえたら」と意気込み。

 ◆20年1月 乃木坂46卒業を発表。スポニチ本紙などの取材に、「まだ見送る側でいたい」と話しつつも、後輩たちの成長に「外から乃木坂を見守っていきたいという気持ちが強くなった」と決意した。卒業後は「今まで通りのお仕事をしたい」と女優、モデルを続ける予定。

 ◆20年1月 映画「スマホを落としただけなのに…」完成披露イベントに出席。卒業発表後、初めてファンの前へ。「昨夏の撮影の時にちょうど悩んでいて、とにかく全力を出し切って撮り終えられたことが卒業につながったかもしれない」。

 ◆20年3月 最後の参加シングル「しあわせの保護色」でセンターを務める。

 ◆20年4月 自身のブログで卒業延期を発表。本来なら5月5~7日の東京ドーム公演で卒業する予定だったといい、「卒業ライブを開催できる日までは乃木坂46に在籍になります」。

 ◆20年7月 日経エンタテインメント発表の「タレントパワーランキング」女性アイドル部門で初の1位に。

 ◆20年8月 YouTubeの公式チャンネルを開設。

 ◆20年10月 26日放送のTBS系「CDTVライブ!ライブ!」に生出演。これが乃木坂46の一員として最後のテレビ生出演。「約9年間、応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。今日は感謝の気持ちを込めて精いっぱいパフォーマンスしたいと思います」。

 ◆20年10月 27日にはABEMA「白石麻衣卒業特番~サヨナラまでの過ごし方~」に出演。卒業コンサート翌日について「逆に私は仕事入ってて欲しい」、「オフだったら、ほんとポッカリ穴があいた気分(になる)」と語った。

 ◆20年10月 28日に配信、無観客での卒業コンサートに出演。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「紅白歌合戦」特集記事

2020年10月28日のニュース